前へ
次へ

家庭教師に教わった暗記法がお気に入りです

私が学生時代から実践している暗記法は、書いて何度も目で見て覚えるという方法です。これは中学生の頃にお世話になっていた家庭教師に教わった暗記法なのですが、私に合っているようで、様々なことを無理なく覚えることができます。たとえば、試験勉強をしているときに覚えなくてはいけないことがあるときは、まずは教科書やノートを読み返して要点をまとめながら、問題形式で書いていきます。それを空き時間に見返しては頭の中で問題に答えていくのですが、この作業を繰り返すだけで無理なく覚えたいことが頭に入っていきます。ノートが一冊あればできるので、特にお金をかける必要もありません。手軽できるので、社会人になってから資格試験の勉強をするときにも実践して試験に臨んでいます。ちなみに、最近は書店で様々な暗記法を紹介する書籍を見かける機会が増えました。より自分に合った方法を見つけたいときは、たくさんの書籍に目を通して参考にしていきたいと思っています。

Page Top